往療後記 R2.8.18

今日の往療が終わりました。

今日は治療の方ではなく、もうひとつの仕事、ケアマネの方から。

ていっても、今2人しか担当してないんですけどね。(^^;

 

で、その少ない仕事をやりに事務所に行ったらドサッと渡されたのが、

アベノマスク。

担当の利用者さんに配るんだけど、先輩のいうことには5人に1人は

「いらない」

と言われるとか。

 

「配るの中止!」・・て政府が発表する前の日に段ボール3箱分、

指示も何も無く送られてきたらしい。

で、当然持て余してる。

 

なんだかなあ~。

往療後記 R2.8.15

本日の往療がだいぶ前に終わりました。

今日伺う患者さんの中に、96歳のおばあちゃんがいます。

僕の患者さん歴で最高齢は97歳なんで、記録更新を期待しています。

でもこの年になると何の不調も無いとはいかない。

最近、めまいがしたりお腹が悪くなったりなので気になっています。

 

大体この人、「もう年だから。。」が口癖。

何かあるとそうやって納得するというかあきらめる。

この「年だからしょうがない」という言葉、

意外とお医者さんが患者さんにすぐ使ってしまいます。

そりゃあ、高齢者の人はいろいろで治りにくい。

言ってしまいたくなるケースも多いですが、僕は言わないようにしています。

 

だって、それをいっちゃあおしまい。

歳でも、病気を持っていても、太ってても痩せていても、体力がなくてもなんでもかんでも、

その条件から少しでも良くするのが僕らの仕事だからです。

病気を治すのではなく、患者さんを楽にすること。

かっこつけすぎですがそれをこころがけてやってます。

 

往療後記 R2.8.13

今日の往療が終わりました。

今日は特に何もない日でしたが、最後の最後に!

なんと警察に止められました。

何もやってないけど・・・?と思いながら止めると、

今そこで転回しませんでしたか?と。

路面電車の線路をまたいで、転回禁止の場所で転回したと思ったようです。

が、僕は駐車場から右折で出てきただけ。「それならいいです」と言って去っていきました。

ほっとしましたが、後ろからサイレン鳴らされて止められるのはホント嫌ですね。心臓に悪いわ。

そこんとこ、反省してよ、おまわりさん!

往療後記 R2.8.12

8月12日(水)今日の往療が終わりました。

 

今日の患者さんの一人に、かわいいおばあちゃんがいます。

いつもニコニコ、暑い時も寒い時も労ってくれます。

でもこの方、75年前の今頃、とても苦しんでいたそうです。

 

それは、生き残ったから。

 

はだしのゲンなんかを読んでて、「生き残ったことへの罪悪感」というものがあることは知ってはいました。

でも、それを直接聞いた時は少し驚きました。本当にそんな気持ちになるのかと。

 

 

Aさん(仮)は、75年前の8月6日、連日続いていた勤労奉仕を体調不良でこの日だけたまたま休んだそうです。

そして、あの悲劇が起こった。

避難所となった自宅の納屋に寝かせてあげたたくさんの人たちからの視線。また、子供を亡くした近所の人たちの視線。

「なぜあなたは無事なの?」「みんな死んだのになぜあなただけ?」

そう問いかける視線に耐えられず、Aさんはしばらく家から出ずに隠れるようにして暮らしました。

クラスメートは全員亡くなり、後日学校へ行ったときはその無人の静けさに恐怖を感じ声を上げて泣いたそうです。

 

8月、こんな暑い日になると当時のことをよく思い出す。

そう言って、今日も話してくれました。

 

しっかり、覚えておこうと思います。

 

 

朝散歩。

このところ子供を駅まで送らなくていいので、朝の時間に余裕があります。

そのぶん寝てたらいいのですが、せっかく早くに目が覚める習慣がついてるのにもったいない。ダラダラし出すと、とめどない性格なので、それは避けたい。

てことで、少し散歩することにしました。

往療ばかりの仕事は、足を使うことが少ないので、弱ってくるんですよね。

理想はランニング(!)なんですが、いきなり走ると多分膝の爆弾が。。(笑)

で、歩いてみました。

上の写真は途中の路地。雰囲気いいんです。狭い路地って、この先どうなってるんだろって少しワクワクしませんか?

僕はします。(笑)

なので、古い町なんか行くと、路地に入っていきたい衝動と戦ってます。誰も知らないところで。

雨の降る日曜はアイロンについて考えよう

5月3日日曜、今日は雨です。

唯一の休みですが、自粛期間、返って清々します。

と言うことで、落ち着いて仕事で使う手拭いにアイロンかけます。アイロンがけ、結構好きなんですよね。単純作業で見た目に何かが整っていくのを感じると、小さい満足感があって。あ、だから皿洗いも好きですね。

この時期、明日からの仕事の準備ができるのってそれだけでありがたい。丁寧にやりましょ。

ちょうど14年前の開業当初、新しい手拭いを揃えたけどそのメンバーはもう引退し、今は殆ど患者さんからの頂きものになってます。

その中から面白いものピックアップ。

お年寄りにはお年寄りしか知らない文化があったりしますがこれもその一つ? 杉良太郎のボケ防止ソングの歌詞手拭い。(笑)

ぼけたらあかんでの唄by杉良太郎(笑)

武勇伝を語るなとかお金に固執するなとか、言ってやりたい上司とか、いませんか?(笑)

次はこれ。

陸上ファン垂涎?昭和53年の駅伝大会。

昭和53年の広島で行われた駅伝大会の記念手拭い。

孫か、息子さんが出たんでしょうね。

ハワイの本願寺、盆ダンス❗️

戦中、戦後、ハワイで通訳の仕事をしていたという患者さんからの頂き物。
ハワイにも本願寺や盆踊りまであるんだと感心しました。
どこに行っても、日本人は日本人なんですね。
心のふるさと、奈良観光記念手ぬぐい。

これはつい最近自分で購入。奈良で小3~社会人3年までいたワタクシ、奈良が好きです。住んでた頃より。
東大寺大虹梁木曳図
これも奈良物。自分で東大寺で購入。古文書にある、大仏殿建立時の大きな梁を運ぶ様子だそう。よく見ると、通行人がびっくりしながら道を避けてたりして面白い。

そしてこれは、祇園祭、山鉾巡行、かな?

昔、学生時代に京都に下宿し、お茶を習っていた嫁さんが祇園祭のお手伝いをしたときにもらった言わばスタッフ手ぬぐい、多分非売品。さすがに綺麗です。これは何種類かあったんだけどこれが最後の一枚。大事に使ってます。

手ぬぐいっていろんなデザインがあって、患者さんとの楽しい話題にもなったりするのでいろんなもの探してます。コロナ落ち着いたら、旅行でまたご当地ものとか見つけたいですね。

 

コロナ対策最新版

楽々では、コロナの危険性が高まってきた2月に一度アナウンスを出しました。

しかし昨今の緊急事態宣言などを受け、より一層の警戒をするとともに、患者さんの不安を少しでも軽くしたいとの思いから、第2版のアナウンスをします。

以下の文章をお配りしています。

**********************************

新型コロナウイルス感染防止への楽々の取り組みについて

                               (第2版)

患者様各位

いつも楽々のサービスをご利用頂き、誠にありがとうございます。

さて、終息の気配が見えない新型コロナウイルスですが、一日一日状況が変化しています。

私の基本的な対処方針は2月に作成したご案内(第1版)通りですが、直近の状況に合わせて付け加えました。

(基本方針)

1、施術前(後)は、(水道をお借りできる場合)必ず手を洗います。

2、患者様宅訪問の直前直後は、車に備えてあります消毒剤で手の消毒を致します。

3、施術に使う手ぬぐいは、お一人お一人洗濯後未使用のものを使用します。

4、必ずマスクをして施術にあたります。

5、万一私が発熱・発病した場合、直ちに施術をお休みして自宅にて加療いたします。

6、施術前に皆様の体調を伺い、発熱等ある時は施術を致しません。

(ここまで従来通り以下新しく)

7、私は家で、家族とは可能な限り濃厚接触は避け、タオルはそれぞれのものを使い ます。

8、私は外出を極力避け、買い物などの外出時はマスクを着用し、消毒を徹底します。

9、私が発病して感染源にならないよう、早寝早起き、三度の食事、適度な運動を心がけ、免疫力の維持、向上に努めます。

 

他にもお気づきの点がございましたら、ご注意頂ければ幸いです。

 

連日の報道で、情報が雪崩のように押し寄せています。中には、いたずらに不安を駆り立てるだけの報道や、心無いデマもあります。こういうものを気にしすぎると、ストレスのため一番大事な免疫力が落ちてしまいます。

手洗い、うがい、消毒、マスクなど予防(うつらない、うつさない)をしっかりしたら、あまり情報ばかり気にせずに、

 

少しでも運動、リハビリをして気分転換、免疫力向上に努めましょう!

 

終わらなかったパンデミックはありません。いつか必ず終わり、日常が戻ります。

その日まで、一緒に頑張って乗り切っていきましょう!

 

何か不安、疑問がありましたらご遠慮なく私にお尋ねください。

私もわからないことは、調べて責任もってお答えするように致します。

 

楽々鍼灸マッサージ治療院 原 正明

082-280-5872