研修会、参加でした。

今日は、広島市鍼灸マッサージ師会の研修会。

岡山の、松浦先生の講義です。

僕は先生の講義は去年に続いて2回目ですが、とても参考になります。

今日は腰痛について。

一番出会う症状ですが、一番謎の多い疾患でもあるのです。

先生の豊富な症例に基づいた診断法、治療法を沢山分けていただきました。

それは、場数の多さを感じさせる実践的なもの。本当に感謝です。

気持ちのいい秋晴れの一日を潰してでも、聞いといてよかったと思える講義でした。

次回も必ず参加しようと思います。

先生、参加者の皆さん、ありがとうございました!m(__)m

ある被爆者の話。

水曜に週一回訪問する患者さん、Yさん。

この夏の間、体調優れずずっと休みで心配だったけど、

今月から再開している。

笑顔が素敵な小さくてチャーミングなおばあちゃんだけど、

親兄弟もご主人も先に行ってしまって寂しい。楽しみもないから早くあっちに行きたい。

とばかり言っている。最近になって、

これまでずっと思い出さなかった被爆当時を再々思い出すらしい。

学校があった舟入あたりを、死体を踏みながら帰ったという。

足の踏み場もないほどの、死体の山。その足裏の感触を今頃になって思い出すらしい。

10代の女の子が味わった過酷な体験。ずっと封印していた記憶が漏れ出ているようだ。

それを話したYさんの眼は、赤く涙ぐんでいた。

僕もヤバかった。歳取るごとに、涙腺が弱くなっているから。

辛い体験を抱え生き抜いて、今は早く召されたいというおばあちゃん。

毎回、なんとか笑かそうと思って、勝率は五分五分くらいなのだが、

今日は、最後に僕がやられた。Yさん曰く、

“死にたい死にたいって言いながらねー、毎回宝くじ買ってるのよ。あれ、楽しいわね。”

だって。

何だか救われた思いがした。

なんとか。

なんとか、やってます。

店を締めたことを患者さんやケアマネさん、施設の職員さんなんかにお知らせしてますが、

皆優しいです。(笑)

おかげさまで訪問の仕事はそこそこ忙しく、落ち込んでるヒマはあまりありません。

店に出ていた夜の時間は、家族と居られたり、ジムに踊りに行けたりして、ココロを取り戻してきている感じです。

そんなこんなで、店の解体が始まりました。

解体も、色々あってDUコダさんにお願いすることに。

ホントは、イヤだったんです。

せっかく作ったお店を、ほとんど使わず壊す仕事を頼むのは。

僕がもし職人さんだったら、きっとイヤだろうと思ったから。

でも、色々あってまたコダさんに面倒見てもらえることになりました。

ありがとうございます。

専務さんに、”再起を応援することで、社内で一致しました。”

と言っていただきました。感謝の言葉もありません。

僕の初めての店は失敗しました。でも、

何かに失敗するのは初めてじゃありません。それこそ失敗ばかりの人生です。

今回のはさすがにデカいけど。

何だか、取り留めなくなってきました。

ま、とりあえず元気です。これからも、よろしくおねがいします!(^^)

10月1日(月)。

なんの記念日でもないただの月始め。

今年のこの日は、僕にとっては再出発記念日になります。

月曜休みは当面そのまま、とりあえず今日は移転に伴う役所巡りに。

失敗した時の事考えてなかったから、温品院は廃止手続きしてしまっていたので、

もう一度開設し直さなきゃいけません。こんなことなら、そのままにしておけばよかった。

何か始めるときは、失敗したときのことも考えておく。

今回学んだことの一つです。

台風去って、爽やかに晴れた今日、一通り終わったらチラッとバイクにでも乗れたらいーなー。(^^)

皆様一日お気をつけて!(^^)/